Apple CarPlay で使える地図アプリを試す

新型ジムニー(JB64)を購入するにあたり、ナビをどうしようか悩んだ結果、ナビではなく CarPlay 対応の7型ディスプレイ付きAVユニットを取り付けることにした。スズキのオプションだがパイオニアの FH-9300DVS と同等品と思われる。リアビューカメラも一緒に取り付けた。

jpn.pioneer

ナビを付けなかったのは価格が高いこともあるが、今までスマートフォンのみで運用してきたことが大きい。以前はソニーパナソニックのナビを使用していたこともあったが、アメリカ転勤でガーミンのPNDをメインで使い始めた。ガーミンのPNDはそれ以前からオートバイのナビとして使用していた。帰国後に車を買いなおした時もガーミンの nuvi3770v を愛用していたが、地図情報の更新が遅い、高い、本体を送らないといけないなどこのスマートフォン時代にはありえない状況で、本体の故障を機に完全スマートフォン運用にスイッチした。元々車内の音楽ソースは iPodiPhone を使用していた。

tonochang.hatenablog.com

 自動車メーカーの純正ナビが選択されることが多くなったこととスマートフォンの急速な普及で PNDの市場は消えつつあると思われる。

www.garmin.co.jp

スマートフォンのナビとして使用していたのは NAVIelite というアイシンAWの製品だ。地図をダウンロードして使用し、交通情報以外の情報はネットを経由しない方式で、電波の届かない場所でも普通に使用できるのが一番の魅力だ。そして、音声案内のボリュームを音楽再生のボリュームとは独立してコントロールできることも気に入っている。元々メーカー純正ナビとして作られているものをスマートフォンに移植したもので、文字入力が50音キーボードだったり、ネット上の検索結果から目的地を設定するような機能は劣っている。またアプリのアップデートがものすごく遅く、頻度も少ない。

自分はナビをノースアップでしか使用せず、またナビで指定されたルートを忠実にたどることをしない事が多い。従って、GoogleMaps の表示縮尺が勝手に変わってしまうのがとても使いにくい。そんな自分が Apple CarPlay を使用してみた感想をレポートしてみたい。もちろんGoogleの検索機能は強力だし、リアルタイムの交通状況表示が優れいていることは疑いない。

 

Apple マップ

 アップルのマップでルート案内をしてみた。表示はノースアップにすることができず、表示の縮尺も変更することができない。スマートフォンの表示は下のようになる。ルート案内が始まったら到着するか案内を終了するまで一切端末に触れさせたくないという強い意志を感じる。(まったくうれしくない)

f:id:tono-p:20190127140813p:plain

f:id:tono-p:20190127140807p:plain

 

■ グーグルマップ

こちらはグーグルマップ。iOS 12からサードパーティの地図アプリが Carplayで使用できるようになった。グーグルマップは検索で大抵のものは見つかるので目的地を設定するのは簡単。

f:id:tono-p:20190127141021p:plain

 

ルート案内が始まるとスマートフォンはやはり経路表示になる。Appleのマップとは異なりこちらはノースアップの表示が可能。左下のボタンを押すと縮尺の変更や地図のスクロールも一応は可能。しかしスマートフォン操作のようにドラッグしたり、ピンチイン/アウトの操作には対応しない。しかしAppleマップよりは使いやすい。

f:id:tono-p:20190127141018p:plain

f:id:tono-p:20190127141015p:plain

 

■ カーナビタイム

カーナビタイム

カーナビタイム

  • NAVITIME JAPAN CO.,LTD.
  • ナビゲーション
  • 無料

 NAVITIMEがいち早くCarplayに対応してきたのでこちらも試してみた。このアプリは1か月の無料試用が可能だ。下はスマートフォンの表示。下部に自車位置の道路名やGPSによる速度が表示されたりするのは良い。ガソリンスタンドの価格が出るのはうれしいと思ったが実際に使ってみると価格情報が古くいまひとつ役に立たない。

f:id:tono-p:20190127141151p:plain

ルート案内が始まるとスマートフォンは経路情報表示となり、Carplay端末の表示情報も少なくなる。この画像からはわかりにくいが地図の縮尺変更は可能。

f:id:tono-p:20190127141147p:plain

f:id:tono-p:20190127141141p:plain

 

CarPlay による地図表示を試してみて分ったことは、CarPlay に対応する際のコントロールの制約が非常に大きいということ。単に地図を表示している状態の時はそうでもないが、目的地を設定してルート案内を始めるとスマートフォンはコマ図的な経路表示画面に変わり、Carplayの画面でも殆どの操作ができなくなる。案内されているルートとは別の道を探そうとしたり地図の縮尺を変更する操作が難しい。これは Appleのマップに限らず、GoogleMaps でも NAVITIME でも同じだ。CarPlayAPIを使用すると必線的にこうなってしまうのか、またはこうしないと審査を通過できないようになっているのだろうと思う。安全性を考慮してそのようにしていることは理解できなくもないが、自分としてはメインのナビとしては使えないと判断せざるを得ない。

そういう訳で現在のところナビは 従来通り NAVIelite をメインで使用している。パイオニアのこの機器の場合、CarPlay が有効になるのはケーブル接続をした場合のみで、Bluetooth接続だと CarPlay にはならない。(この場合でも音楽の再生やナビの音声出力、ハンズフリー通話などは可能)このモードだとスマートフォンの地図アプリもCarPlay仕様にならずに使うことができるが、メインユニットに地図は表示されないしケーブル接続に比べると音楽再生の音質が多少なりとも劣ってしまう。NAVIelite にはこのまま CarPlay 対応をしないようにお願いしたい。

現在は iPhone X を使用しているが、ナビ用途で iPhone 7 Plus 辺りを用意したらもっと便利だろうか。Face ID は横向きだと認識されないので Touch ID の方が都合が良いし。 

ところで新型ジムニースマートフォンをどこに固定しようかと色々悩んだのだが、最終的にメーターパネル上に落ち着いた。視界を遮らず視線の移動量も少ない。

f:id:tono-p:20190201004550j:plain

f:id:tono-p:20190201004547j:plain

 

吸盤固定のマウントを使用しているが、現在使用中のものはこれ。アームが短くて走行中の振動なども気にならない。取付時は押しつけるとワンタッチで固定されるが、取り外しは手で押し広げないと外れないところがやや不満。

 

ジムニーのホーン交換

車のホーンなど滅多に鳴らさないものだが、純正のシングルホーンはやはりショボい音だと思ってしまう。そしていざという時にはきちんと音を聞かせたいのでダブルホーンに交換することにした。

選んだのはミツバのコンパクトタイプだ。 

 

一般的にはシングルからダブルへ交換する場合はリレーを追加せよと書かれていることが多い。理由はもちろんより大きな電力を消費するからだ。しかしジムニーのヒューズボックスを確認するとホーンのヒューズは15A。ホーンは4Aのダブルなのでまだだいぶ余裕がある。それに余計な線を増やさない方がトラブルが起きにくいと考え、リレーなしで行くことにした。音がちゃんと鳴らなかったらその時はまた考えるということで。

 

配線は自分で作ろうと考えていたが、極力ノーマルの配線に手を入れたくないので以下の配線キットを購入した。ホーンは専用のコネクター接続だが、これはホンダ用と共通だそうだ。

 

ミツバもコネクタ変換コードを発売しているが、これは元々ダブルホーンの車用で、この配線でダブルホーンを繋ぐことはできない。 

 

必須ではないかもしれないが、取り付けのためにはフロントグリルを外した方が作業性が良い。(グリルを外さないとノーマルホーンのコネクタが外せないかもしれない。)

問題はこれをどこに付けるか。色々考えた結果ノーマルホーンの後方の空きスペースに配置することにした。ボディに穴の開いた部分があるのでここからホーン付属の短いステーを取り付け、更に20cm程のステーを直交させるように配置しホーンを縦に並べた。若干強度に不安があるので短いステーは2枚重ねで使った方が良かったかもしれない。ホーンのマイナス端子はボディーのステー取付部に共締めした。 

f:id:tono-p:20181224004753j:plain

音は期待通り鳴ってくれた。しばらくは時々ボンネットを開けて緩みなどないか確認しようと思う。

 

ジムニーのスピーカー交換

f:id:tono-p:20181216225206j:plain

新型ジムニーは前モデルに比べて遮音性が高くなり、音楽を聴く環境はかなり良くなったと言われている。しかしドアパネルに付いているフロントスピーカーはかなりしょぼい音なのでこれをなんとかしたいと思っていた。

元から付いているスピーカーは直径10cmとかなり小径。そしてマグネットも非常に小さい。

f:id:tono-p:20181216225142j:plain

 

純正アクセサリーとしてパイオニアの13cmスピーカーが用意されているが、もう少し頑張りたい。しばらく待っていれば市販品でジムニー用のスピーカーブラケットが発売されるのだろうが現在は適当なものがなかなかない... と思っていたところ、みんカラでパイオニアの16cmのスピーカーが装着可能なインナーバッフルを自作している方がいて、これをヤクオフで売り始めたので購入した。最初のロットはすぐに売れてしまい買いそびれたので2ロット目で購入。

minkara.carview.co.jp

minkara.carview.co.jp

 

対応スピーカーは以下の2種。ツイーターがセパレートタイプか一体型かの違い。今回は一体型を選択した。

 

バッフルはこのようなパッケージになっている。

f:id:tono-p:20181216225103j:plain

実はこの L↑ の向きは正しくない。一度剝がれて適当に付け直した。左上の内側が少しへこんでいるが、水抜き穴を塞がないようにこの形状になっている。(後から気付いたので少し塞いでしまっている。)

f:id:tono-p:20181216225100j:plain


ドアの内張は中央部のプラスねじ2つ、ドアノブのプラスねじ1つを外し周囲のクリップを外していく。下はスピーカーを外したところ。白いプラスチックのネジ受けも外す。

f:id:tono-p:20181216225057j:plain

スピーカー穴の裏側にドア窓のレールが通っていて、これが干渉するためスピーカーの選択肢を狭めている。デッドニングはかなりいい加減に申し訳程度に行った。サービスホールも全然塞いでいない。

f:id:tono-p:20181216225054j:plain

 

バッフルの裏側に付属の薄いスポンジテープを貼って付属のネジで留める。下の水抜き穴を少し塞いでいる事はこの記事を書いている時点で気付いた。このままでも水は抜けるので大丈夫だと思うが。

f:id:tono-p:20181216225214j:plain

 

バッフルの表側にはスピーカーに付属のスポンジを張ってスピーカーをネジ止めする。

f:id:tono-p:20181216225206j:plain

 

スピーカーの周囲に厚いスポンジテープを貼り付けて中の作業は完了。

f:id:tono-p:20181216225157j:plain

 

内張は一箇所スピーカーに干渉する部分があり、カッターなどで削り取る必要がある。また吸音材としてフェルトシートを適当にカットして貼り付けた。

f:id:tono-p:20181216225151j:plain

 

外見は全くノーマル状態と変わらないが、音は大きく変わった。エージングが進むともっと馴染んでくると思う。

ジムニーはリアスピーカーは配線と取り付け場所はあるもののスピーカーは付いていない。自分はフロントとリアのどちらから音が鳴っているのかわからないバランスで聴きたい派なのでそのうちリアスピーカーも取り付けたいと思っている。




 

新型ジムニーの荷室フックとウィンドウシェード

荷室フック

ジムニーには荷物を固定するためにフックを取り付けられるようネジ穴が切ってある。現状滑り止めマットを敷いているので、通常の使用時はベルト固定など必要ないが、自転車を縦に積もうと思ったり、灯油のポリタンクを運ぶような場合は荷物の固定が必要になる。ところが純正アクセサリーの荷室フックは1万円近くもする。

http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/14

適当な代替品がないかと色々探した結果、これを購入した。2個入りなので2セット購入。

 純正品は下の四角い穴に爪が入り、方向が変わらないようになっているようだ。ネジは超極低頭小ねじ6×12mm を購入。下の丸いものは家具の戸当りクッションなどに使う透明なウレタンシール。フックがボディと当たってカチャカチャ音を出さないための対策。

f:id:tono-p:20181119011733j:plain

こちらはリアシート足元の前側フック。ここのネジは12mmだとネジ穴に掛かりにくい。16mmの長さがあれば十分だと思う。

f:id:tono-p:20181119011729j:plain

ベルトは近所のホームセンターでこのようなものを買ってみた。500円程度。万が一トラブルが起きても車の中で荷物が暴れるだけなので価格優先。

f:id:tono-p:20181119011725j:plain

ウィンドウシェード

これからの季節、車中泊の防寒対策が必要になる。エンジンを掛けたまま寝たりしないしポータブルバッテリーで電気毛布などということは考えていないので基本ダウンシュラフに潜り込むのだが、昨シーズンの冬、蓼科山登山のために標高1900m近くでの車中泊は足の指が凍傷になりかけた。

新型ジムニーはボディ各所に吸音・遮音材が配置されているようなのである程度の遮熱効果があると期待してウィンドウシェードを作成。素材は5mm厚のプラダン。暗さが欲しい場合は黒系のプラダンを使用すると良いだろう。リアゲートの窓はデフォッガーの配線などがあってプラダンが少し浮いているのでもう少し工夫の余地がある。

f:id:tono-p:20181119011815j:plain

後ろ三枚の固定にはネオジム磁石を使用した。この磁石は小さいのに強力で、窓1枚に付き6個程度で綺麗に取り付けることができるし吸盤を使ったときのように窓に跡が残ることはない。 

f:id:tono-p:20181119011808j:plain

フロントドアの窓については形状をきっちりと合わせることでぴったりとドアにはまる。

f:id:tono-p:20181119011812j:plain

 

フロントウィンドウのシェードは少し前に加工したサンシェードを使用する。

プラダン製なので窓5枚分でも非常に薄いのだが、一枚の大きさが大きいので少し邪魔になる。天井に固定できるような方策を考えたい。

新型ジムニー林道デビュー

せっかく本格4WDであるジムニーを買ったからにはオフロードを走らなくてはならない。ということで納車2週目にして林道ツーリングに出かけた。

ここで自分のバックグラウンドについて少し説明しておきたい。自分は元々オートバイ乗りだ。現在も大型バイクを1台所有しているが、かつては大型オンロードと250クラスのオフロード車の2台体制で林道ツーリングなどに出かけていた。少しだけエンデューロに出場してみたり、コマ図を使って林道を走るイベントに参加したりもしていた。そんなわけでオフロードに関しては馴染みがある。しかし四輪で(ダートを走る目的で)林道に侵入したことはなかった。

前日までとりあえず中津川林道から川上牧丘林道を走り、時間に余裕があれば国師ヶ岳でも登ってくるかと考えていたのだが、たまたま立ち寄った友人宅で中津川林道通行止めの情報を得て行き先を再検討することとなった。(後から確認したら川上牧丘林道も10月いっぱいで冬季通行止めになっていた)

色々ぐぐって群馬県の秋鹿大影林道と万沢林道に行き先を定めた。二つの林道を合わせて34km のロングダート、そして林道と林道と林道の間に四万温泉がある。群馬県の林道といえば栗原川林道にも行きたいが、この林道に行くなら皇海山への登山と合わせたかった。

apio.jp

www.apio.jp

www.apio.jp

www.apio.jp

例によって夜中に出発し、赤城高原SAで仮眠をとる。SA手前は眠気がピークで車線逸脱アラームを何度か鳴らしてしまった。(すぐに停まるべき)

給油をしたかったので沼田ICで関越を降り、給油後R17、適当に裏道を走りつつ県道53号に入り、奥平温泉遊神館のところで川沿いの道へ。人家が途切れるとすぐに未舗装路となり秋鹿大影林道となる。

日本の林道は概して狭い。二輪だとあまり気にならないが四輪は非常に気を遣う。ブラインドコーナーの出口は常に対向車が来ることを意識するので即座に止まることができるスピードまで落とすことになる。(逃げ場がないので) 路面は東側の登りがやや荒れた状態で、所々落石などあるのでそれを避けながら走る。特に危険と感じる箇所はなかったが車体は上下左右によく揺れるし石や木の枝を跳ね上げて下回りに当たる音がしたりでスピードを上げて走ろうなどという気には全然ならなかった。二輪とは勝手が違う... そして紅葉が丁度見頃な感じで時々車を停めては写真を撮りながら四輪初の林道ツーリングを楽しんだ。時間が早かったからか他の車両には一台も出会わなかった。林道では基本4H。時々4Lを試したが特に必要という状況ではなかったと思う。ヒルディセントコントロールも動作確認を行った。

f:id:tono-p:20181114000053j:plain

f:id:tono-p:20181114000047j:plain

f:id:tono-p:20181114000039j:plain

f:id:tono-p:20181114000028j:plain

f:id:tono-p:20181113235954j:plain

f:id:tono-p:20181114000231j:plain

林道を降りるとR353、四万街道に出る。四万温泉がすぐ近くなので次の林道の前に一風呂浴びない手はない。当初四万清流の湯という日帰り温泉施設へ行ってみたが開館時間までもう少し。四万温泉には3つの共同浴場があり、そういう施設の方が好みなので移動することにした。四万温泉共同浴場はどこも狭いので空いてそうなところ目指し、御夢想の湯へ辿り着いた。ここの湯船も二人入るのが限界。中のベンチで二人待っている人がいたので少し待つことにする。あまり長湯をする人はいない感じで回転は悪くない。外観は少し古めかしいが建物自体は新しく中はきれい。お湯は加温なしの源泉掛け流しだ。駐車場も用意されているので車で行きやすい。

f:id:tono-p:20181114000227j:plain

f:id:tono-p:20181113235839j:plain

f:id:tono-p:20181113235826j:plain

goo.gl

一息ついたところで次の万沢林道へ。しかし林道ゲートのところに崩落工事中でR405への通り抜けができないという看板。どうしようか迷ったが適当なところまで引き返そうと思い突入した。この林道は何台かの二輪に行き会った。林道は谷筋を外れると峠越え前後が舗装路になる。峠の頂上の広場で休憩。さすがに22kmの林道は長い。引き返すならここだなと思ったが、他の車両がR405方面へ降りていくのでもしやと思い追従した。結局工事は終了しており無事通り抜けることができた。R405の手前に1kmの直線ダートがある。多少波打って上下動があるが、路面は堅く締まっていて爆走してみたくなってしまう道だ。途中カラマツのきれいな場所があったが停まらずに駆け抜けてしまった。楽しかったが四輪林道デビューにしてはハード過ぎたかもしれない。

f:id:tono-p:20181114000222j:plain

f:id:tono-p:20181114000217j:plain

f:id:tono-p:20181114000210j:plain

f:id:tono-p:20181114000332j:plain

林道走行後の車体側面。笹に覆われた狭いところを通った時に付いてものだと思う。そのうち洗っても取れない傷が付くかもしれない。

f:id:tono-p:20181114000327j:plain

f:id:tono-p:20181114000323j:plain

美しい野反湖

よく考えてみると今まで一度も訪れたことがなかった野反湖に立ち寄った後、R405を南下する。六合地区でたくさん人が入っている蕎麦屋があり、評判が良さそうなので入ってみることにする。自家栽培の舞茸が売りらしい。一押しのきのこ三昧そばを頼む。細めの二八そばをきのこがたっぷり入った熱いつけ汁で頂き、これに舞茸の天ぷらが付く。今日から新そばとのことだった。蕎麦も汁も天ぷらもぜんぶ美味しかった。ソバは六合地区のもの、その他の食材もできるだけ地元のものを使うのがポリシーらしい。また食べに来よう。

f:id:tono-p:20181113235802j:plain

f:id:tono-p:20181113235815j:plain

goo.gl

f:id:tono-p:20181114000314j:plain

 八ッ場ダムの建設でだいぶ景観が変わりつつある長野原を抜け、軽井沢方面は混みそうなのでR406を走る。そして本日最後の目的地としたのはくらぶち相間川温泉 ふれあい館だ。ナトリウム・カルシウム-塩化物強塩温泉とのことで塩分が強い。それよりも特徴的なのは水酸化鉄の赤茶けた湯の花で少し変わったにおいがする。自分は何やら殺虫剤のにおいと感じた。ここもかけ流し。今までに入ったことがないタイプの温泉だった。

goo.gl

そうこうするうちに時間は4時過ぎ。関越道の渋滞が始まった。 しばらく一般道を走って渋滞箇所を過ぎたら高速に乗ろうとR254周辺を走りつつ南下し、結局全部一般道で帰宅した。本日も450km程走り、納車2週目にして走行距離は900kmを越えた。

 

 

ジムニーのルーフラックを考える

車を買い換えると、それに合わせて買わなければならないものが色々出てくる。

新しいジムニーは軽自動車だが、2名乗車までの前提ならこれまでの愛車 VW Lupo GTI よりも積載能力は高い。(Lupo は車幅こそ乗用車サイズだが全長は軽自動車並み)

だがキャンプ道具を積んだままで車中泊をするとか、冬キャンでストーブを持って行くとかとなるとキャリアが欲しくなる。すぐに買わなければいけないものでもないが、どんな選択肢があるか調べてみた。

 ルーフラックには原則ベースキャリアが必要だ。THULE だとジムニーにはこれを買うことになる。

 カーメイト INNO だとこれ。

■ A-Xシリーズ アルミ製ルーフラック Mサイズ ブラック

サイズ:142x102x13、重量:8kg 

愛知県春日井市のショウワガレージというところが作っているルーフラック。ブラックで鉄っぽい質感だがアルミ製で軽量。価格もお手頃でデザインも悪くない。一番の候補。

store.shopping.yahoo.co.jp

 

■ CURT ルーフマウントカーゴラック

サイズ:105x95x15、重量:13kg

価格はお手頃だがスチール製で重い。

 

THULE Canyon XT

サイズ:127x104x15、重量:13kg

値段やや高め、重い。

 

■ YAKIMA ロードウォーリアー ルーフラック/ルーフバスケット

サイズ:112x100x16.5、重量:11kg

 重い。

 

■ INNO エアロラックシェイパー 100 XA569 ブラック

サイズ:118.5x106.5x7.5、重量:7.9kg

軽量で価格もお手頃ではある。本来エアロベースバーに対応するラックだが、IN504というアダプターを介せば装着可能なようだ。デザインが好みなら良いかもしれない。

カーメイト ルーフキャリア inno エアロベース用 シェイパー100 ブラック XA569

カーメイト ルーフキャリア inno エアロベース用 シェイパー100 ブラック XA569

 

 

■ TUFREQ PL437B

サイズ:153x133x10、重量:データなし

商用車に装着されていることが多いタフレックのキャリア。重量は未確認だがパイプの径が太くないのでスチール製でもそれほど重くはないと思われる。脚も付属していてベースキャリアが不要なので、トータルで最も安価。そしてシンプル。これも購入候補。

item.rakuten.co.jp

 

Terzo ROOF BASKET RACK SLIM

サイズ:92.5x120x150、重量:12kg

重い。

TERZO EA311 ルーフバスケットラック
 

item.rakuten.co.jp

 

他にも FRONTRUNNER、ARBルーフラック、EIGHT BIRD などもあるが、10万円コースのルーフラックは選外とした。購入の優先度は高くないのでもう少し検討しようと思う。

新型ジムニーのパーツ交換

自動車にあまり手を入れたい方ではないのだが、これはやっておきたいと思う部分のパーツ交換を行った。

ワイパースイッチ

前者の Lupo GTI にも間欠ワイパーの間隔調整機構がなかった。ワイパーのリレーを特定のものに交換すると時間調整が可能になるという情報を得ていたが、結局入手出来なかった。ジムニーにも間隔調整機能がないのだが、ソリオ用のワイパースイッチを交換することでこの機能を手にすることができる。時間調整ほしいよね。交換手順は以下のページが参考になった。

minkara.carview.co.jp

f:id:tono-p:20181106225235j:plain

手前が交換するスイッチ、奥がオリジナル

フォグランプのバルブ 

純正のフォグランプはあまり明るいとはいえないハロゲンバルブだが、白色と黄色の切り替え可能なLEDランプがあることを知り交換することにした。購入したものは中華製で価格は2000円。ファンレスフォグランプを点灯すると白色だが、一旦オフにして採点等すると黄色に切り替わる。明るすぎず、配光も問題ない。これで耐久性に問題がなければ良いと思う。

f:id:tono-p:20181106225231j:plain

f:id:tono-p:20181106225227j:plain

 ワイパーブレード

ワイパーブレードについては特に問題を感じている訳ではないが、コストコで売られている Valeo のフラットワイパーに交換してみることにした。このワイパーは1000円以下で売られている。

店頭の対応表には新型ジムニーが掲載されていないが、実車のワイパーブレードは実測値で左右とも400mm。付属のクリップは必要なく、そのままワイパーアームに取り付けることができた。2本で2000円しないので半年毎に買い換えても問題ない。

ところでワイパー交換をするときは、手を滑らせてアームから手を離したりしないよう注意したい。自分はブレードを取り外した直後にアームから手を離してしまい、それがフロントガラスにあたってひびを入れ、フロントガラス交換という憂き目にあったことがある。

f:id:tono-p:20181106225110j:plain

f:id:tono-p:20181106225106j:plain

f:id:tono-p:20181106225103j:plain

 

あとはクラクションをダブルホーンにして、オーディオのスピーカーを交換したいと考えている。そして雪の季節に備えてスタッドレスを入手しなくては...